FC2ブログ

時の流れの落し物

日常生活の中で生れたもので、今は忘れられているもの、そんなものを見つけていきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

●ああ! あの古川町商店街でした  京都・東三条

なんとも普通の当たり前の商店街お写真ですが、昨年10月末、京都へ出掛けたときの写真です。

真如堂前から、国宝の青不動の公開中だった青蓮院へ行こうとバスに乗りましたが、そのバスは下車場所の神宮道は停まらないので東山三条で下車しました。神宮道の交差点まで戻ればいつもの道でしたが、そちらにはいかずに入り込んだのがこの古川町商店街です。京都はどこを歩いても観光地の感じですが、ここへ入ると、直の京都、観光で訪れた人を相手にする顔を持つ人たちではない、生活する京都の人たちで溢れていました。実に新鮮な京都がそこに在りました。

その商店街を横切り、白川を渡って行くと、華頂学園があり行き止まり、道は左右に分かれていましたが、右へ行くと華頂通。さらに行くと、知恩院に行きあたり、そこを左え曲がると目指す青蓮院でした。別のところを通ると別の発見があると大いに得をした気分になったしまいました。

青蓮院へ・古川町商店街日帰り京都09・10・31

12月9日に、最終回を迎えてしまったTVドラマ「京都地検の女」は名取裕子扮する女検事、鶴丸あやが「主婦のカン!」と捜査にこだわりを見せて真相を解明するということで人気があり、欠かさず見て居りましたが、もうひとつ、あやが主婦仲間数名で商店街に出かけ、実演販売のいろいろな健康ドリンクに目の色を変えるというまさに主婦の姿を見せてくれます。この商店街、ちらりと「古川町商店街」の看板を見せてくれます。どうやらここがここなのです。当たり前の写真が世に出るきっかけとなりました。

り・640青蓮院へ09・10・31

華頂通、知恩院近くで見かけたものです。この写真もこのことが無ければ日の目を見なかったことでしょうね。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。