FC2ブログ

時の流れの落し物

日常生活の中で生れたもので、今は忘れられているもの、そんなものを見つけていきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

●歌舞伎座あれから、9ケ月。東銀座界隈

昨年建て直しのために閉場した歌舞伎座、現在は基礎を打っているようです。歌舞伎はその先の新橋演舞場で公演をしており、よく出かけて居ります。演舞場まで道を変えて、地下鉄の銀座駅から築地方向へカメラを持って行きましたが、カメラを持つといつもとは違うものが目に入ります。
り・6502

下の地図の、3、の様子の写真です。
地図・東銀座
り・2501 3、り・6503 4、り・6504 
5、り・2506 6、り・6508 7、り・6507P1000595

写真4、のところにあった日の出すしは、歌舞伎座観劇のお弁当として賑わっていましたが、今は群馬県のアンテナショップに変わっています。その先には、岩手県のストアがあります。辧松も観劇弁当で賑わっていたののですが今はどうでしょうか。辧松の様子は、写真5、を見てください。この店先にはガードレール寄りに自転車が何重にも駐輪しており、銀座の足となっていることは、写真1、でも窺われるところです。
写真6、は歌舞伎座の正面入口側の様子です。

この辺り、新歌舞伎座完成までには、まだまだ変化をしていくことでしょう。中村富十郎丈が亡くなり、すぐに中村芝翫丈が休演になったかと思ったら、中村勘三郎丈も休演。過労には十分気をつけて新歌舞伎座での活躍を待っております。1月の「御摂勧進帳」面白かったですね。今回の写真は、この日、1月13日に撮ったものです。

1月15日に、「わが心の歌舞伎座」がロードショーされた。歌舞伎を愛する全ての人に贈る史上初のドキュメンタリーというもの。建て替え休場が決まってこのドキュメントが計画され、初公開となる稽古風景や舞台の製作現場、楽屋の様子などが記録されたという。実は、国立劇場と新橋演舞場の楽屋と舞台稽古は縁あって見たことがありましたが歌舞伎座はまだ見て居りません。フイルムであってもそれが見ることができるのは幸運、発表と同時に前売りを買いました。どうやら、ぼつぼつ丈映画終了となるところがででているようで、…

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。