時の流れの落し物

日常生活の中で生れたもので、今は忘れられているもの、そんなものを見つけていきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

●孝養太子像、16歳の時の聖徳太子の姿

根岸線本郷台駅から少し歩いたところにある、西光山普応院大誓寺(横浜市栄区小菅ヶ谷)は、承応2年(1653)梅沢予次右衛門勝国が岩瀬大長寺七世伝誉利玄を招じて開創されたとのことで、本尊阿弥陀如来、鎌倉六阿弥陀の一つということで知られているようです。

り・浄土宗大誓寺P1010865 (640x473)

お十夜念仏は無形民俗文化財にしていされているそうで、今年は、11月13日午前11時からというお知らせが掲示板に貼られています。
石段の上右手にもう一つ案内板が立っているのが見えます。これは ↓

り・案内聖徳太子立像P1010866 (640x462)

本堂へ上がらせていただきました。

り・大誓寺本尊阿弥陀仏P1010872 (640x452)

本尊阿弥陀如来です。
荘厳された須弥壇です。り・大誓寺須弥壇P1010870 (640x472) り・大誓寺須弥壇P1010871 (640x476) り・大誓寺須弥壇P1010873 (640x459) り・大誓寺本尊阿弥陀仏P1010874 (640x476)

この裏側に、市指定 木造 聖徳太子立像 が安置されています。

り・聖徳太子立像P1010869 (471x640)

アップした写真と詳しい解説を… り・  り・大誓寺・聖徳太子立像 (435x640)

見どころの多い、隠れて名刹と云っていいでしょう。






PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。