時の流れの落し物

日常生活の中で生れたもので、今は忘れられているもの、そんなものを見つけていきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

●横浜市栄区のいたち川を歩く

いたち川は、本当は、漢字で書かれていますが、その字は後で写真で見てください。
横浜市栄区の区役所のそばを流れる川で、その一部が、鎌倉道下の道、鎌倉道中の道に接している。
K・Tさんが用意してくれた地図でこれを確認してみましょう。
横浜市栄区界隈地図・鎌倉道 (514x640)

横に、中央右から左へ赤く見えるところが、いたち川で、その脇を右から左へ青く塗られているのが、鎌倉道下の道。交わっているところ  → り・鎌倉道下の道P1010884 (640x457)

縦、左端、上から下へ、青く塗られた線が、赤色の線と交わっているところに
 り・道標・左に従是とつか道(鎌倉道中の道~東海道戸塚宿へ)、右に従是ぐミやうじ道(弘明寺道、弘明寺観音へ、横浜道)P1010896 (462x640) り・延命地蔵存P1010898 (640x472) ここを下った所にあるのが→ り・今泉村不動(鎌倉大町不動講中)P1010899 (479x640)

この道を直進すると、今は無くなってしまった、松竹大船撮影場へと続きます。


鎌倉街道の標識のある場所へ話を元に戻します。

ここから川沿いを歩きます。ここは、小いたち川と呼ばれるところで、いたち橋のあたりで合流します。
ここが合流点です。
り・P1010888 (640x480)


ここまでのわずかな所に架かっているのが、小いたち橋、大いたち橋があり、さらに、いたち橋があり、そこを渡ると栄区役所です。いたちの字、こう書きます。確認してください

り・いたち橋・栄区役所近くP1010885 (640x479)

この川沿いには、案内板とモニュメントが置かれています。吉田兼好まで出てくるところ驚きですね。
在原業平の「かきつばた」のような趣向ですから尚更です。
り・いたち川沿い・狐の嫁入りP1010894 (640x476) り・一つ目小僧・いたち川沿いP1010891 (640x480) り・吉田兼好、いたち川の謂れP1010890 (640x477)   

り・いたち川沿いのモニュメント・woomennP1010892 (640x480)

途中、神奈川県警察学校の前を通りますが、通りかかりますと、若々しい敬礼の挨拶をしてくれます。

そのほか、由緒ある寺院もあり、写真を撮りましたが…。歴史ある土地柄と云う感じが残っています。

手ごろな散歩道と云ったところですね。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。