FC2ブログ

時の流れの落し物

日常生活の中で生れたもので、今は忘れられているもの、そんなものを見つけていきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

●日本橋散歩・日本橋川クルーズで涼しく

日本橋室町にある「ならまほろば館」へ行った帰りに、阿r貯めて日本橋を眺めました。

まほろば館は、これが目印です。せんとくんの仲間です。

P1030168 (640x469)


足元の歩道は、禅宗寺院で見かける「四半敷」に敷き石が組まれていました。始めて気が付きました。そのくらいですから、橋を飾る装飾、あらためてよくよく見てみると、西洋の文様と東洋の文様のない交ぜですね。
架橋百年。その時代を顕しています。上にかぶさる高速道路、いつ見ても邪魔。

P1030171 (468x640)

これなどあまり分かりませんが別のものは、よく分かりました。電池切れで撮れなかったこと、残念。

後日(8月19日)写してきました。四半敷き⇒ P1030224 (640x466) ⇒ P1030228 (476x640) この橋の飾り⇒ P1030226 (480x640) 一寸見にくいので同じような文様の道路元標を⇒ P1030230 (640x472)

日本橋高島屋の建物は、和洋折衷の建築物として重要文化財に指定されていますが、築橋100年の日本橋、その時期の流行が取りいれられているようです。2011・10・10参照


この辺り元は、魚地市場あったところで、その碑がありました。

P1030176 (640x471)


P1030175 (640x469)

日本橋川クルーズの乗り場です。30分千円で、まもなく、出航という事でしたので、乗り込みました。

こんな感じの船です。

P1030182 (640x464)

日本橋を出て、隅田川へ。隅田川を上って東京スカイツリーを見て永代橋まで下って元に戻るというコース。案内役の気の聞いた解説で覆いに楽しめます。

日本橋の下から上流を眺めたところ  P1030186 (640x480)

ここの川筋を江戸切絵で眺めてみます。

日本橋川

まず江戸橋です。 P1030189 (640x471) 
解体中のビル P1030190 (640x472) 高速道路の橋脚  P1030191 (640x471)
鎧橋、かってここに鎧の渡があったところ。兜神社が近い  P1030192 (640x471)
湊橋   P1030193 (640x473)


豊海橋です。ここを抜けると右手に永代橋。

P1030194 (640x479)

永代橋です。

P1030196 (640x465)

切絵図では、日本橋川河口の左手に永代橋が描かれていますから永代橋は、それ以降に場所が変わったという事になりますね。

隅田川は、いろいろの船が入り混じっていますから波高き。

清州橋の向こうに東京スカイツリーが見えます。珍しいアングルで満足。ローリング&ピッチぐはげしい船上から上手く撮れるか?

P1030198 (640x472)

もう一枚  P1030199 (640x463)

帰りは、同じ場所が少し変わって見えます。  P1030203 (640x478)  P1030204 (640x467)  P1030206 (640x480)  P1030209 (640x480)

P1030208 (640x460)

今の江戸橋のあたりは、以前、紅葉川流れていましたが、高速道のため埋め立てて高速道路になってしまいました。この辺りがその分岐点になった辺りでしょう。

最後に、川から見た日本橋です。

P1030210 (640x470)

P1030211 (640x465)

別のコースの船も到着。

著名な会社の看板ところどころにありそれも楽しく。別の東京の顔が見えてきました。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。