時の流れの落し物

日常生活の中で生れたもので、今は忘れられているもの、そんなものを見つけていきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

●平成25年三社祭、スナップ写真。意外と知らない浅草神社由来

三社祭の由来、案外知らないのでびっくりしました。
昼間、祭囃子を聞きながら一松で会席料理を食そうとの会で高齢者20人ほどの集まり。
三社祭って何だかわからない人ばかり。びっくり。
宮神輿がどうのとは、まさに聞きかじりのようです。

祭のことなど知っていようが知らずとも祭囃子を聞けば心ソワソワ。
そこが祭のいい所。

三社祭は、観音さま(浅草寺本堂)の左隣にある浅草神社の祭。
ということは、つまり、観音様に向って右手にある浅草神社の祭礼です。
そんな神社あったっけ?と思う人は、祭礼の後に確かめてください。


浅草神社の由来、特にこの種の縁起説明の中で、特に分かりやすい、
好い説明なのでそっくり引用させてもらいます。


浅草神社の由緒


 推古天皇の三十六年三月十八日のことでした。

 漁師の桧前浜成・竹成兄弟が隅田川で漁労に精を出していましたが、その日に限り一匹の漁もなく網にかかるのはただ人型の像だけでした。幾たびか像を水中に投げ捨て、何度場所を変えて網を打ってもかかるのは不思議と人型の像だけなので、最後には兄弟も不思議に思い、その尊像を捧持して今の駒形から上陸し、槐(えんじゅ)の切り株に安置しました。そして、当時、郷土の文化人であった土師真中知にこの日の出来事を語り、一見を請うたところ、土師氏は、これぞ聖観世音菩薩の尊像にして自らも帰依の念心仏体であることを兄弟に告げ、諄々と功徳、おはたらきにつき説明しました。

 兄弟は初めて聞く観音の現世利益仏であることを知り、何となく信心をもよおされた二人は、深く観音を念じ名号を唱え、「我らは漁師なれば、漁労なくしてはその日の生活にも困る者ゆえ、明日はよろしく大漁を得させしめ給え」と厚く祈念しました。

  翌十九日に再び網を浦々に打てば、願いのごとく大漁を得ることができました。
  土師真中知は間もなく剃髪して僧となり、自宅を改めて寺となし、さきの観音像を奉安して供養護持のかたわら郷民の教化に生涯を捧げたという。いわゆるこれが浅草寺の起源です。

 土師真中知の没した後、間もなくその嫡子が観世音の夢告を受け、三社権現と称し上記三人を神として祀ったのが三社権現社(浅草神社)の始まりであるとされています

 これによると創建は今を去る千三百五十年程の昔ということになりますが、これは少々無理のようで、平安の末期から鎌倉にかけて権現思想が流行しだした以後、三氏の末裔が崇祖のあまり浅草発展の功労に寄与した郷土神として祀ったものであろうと推定されます。
奇しくも明治維新の神仏分離令により浅草寺との袂を分かち、明治元年に三社明神社と改められ、同6年に現在の名称に至ります。

 今もなお、「三社さま」として親しまれている浅草神社ですが、元来三人の神様をお祀りしたことからそのようによばれています。


一部、文字を大きくしてある他は、浅草神社のサイトからの引用です。

前置きが行々しいものでしたが宮神輿はマスコミやプロのカメラマンに任せておき、スナップ写真を少々。


P1040175 (640x452)

P1040169 (640x480)

P1040153 (640x480)

P1040152 (640x474)

P1040154 (640x473)

P1040159 (640x451)

P1040150 (640x480)

P1040163 (640x469)

P1040178 (640x480)

当日の一松のお献立

IMG (640x236)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。